今日のモアさん


家づくりにまつわる思い、四季折々に感じたこと、モアのまわりで起きたことなど、
おばちゃん力を振りかざす美雪社長(?!)をはじめ、
スタッフ総出で綴りるブログです。ときどきダンディな会長も登場しますよ。

 

今週末に台風18号が九州に直撃との予報が出ていますね。 非常に強い台風のようで、充分な警戒が必要です。 熊本は本当に自然災害が多いですね・・・。火災保険料も高いわけです。 既に、台風に備えて準備を始められている方もいらっしゃるでしょう。 台風対策は家を守ることにとても重要です。では、お家そのものの強度はいかがでしょうか? このような自然災害に備えて家の基盤もしっかりとしていなくてはいけません。 本日は、当社が標準採用しているパネル工法をご紹介します。 当社は構造用合板と言われる耐力壁を外側に貼っています。 従来の柱だけで家を支える構造ではなく、柱+合板でより強靭な耐力を家にもたせるのです。 また、気密断熱もよく、冬場の冷気、夏場の暖気といった外気もシャットアウトします。一石二鳥のパネル工法はあらゆる自然災害から大切な家を守ってくれます。 家づくりを節約して、どうしても妥協してしまいがちな性能ですが、家がどれだけ自分たち家族を守ってくれるかはとても重要です。 また、これから何十年と住んでいくランニングコストや、メンテナンス費用などを考慮すると、初期費用を多少かけてでも効率の良い家づくりを可能にできることが高性能住宅のメリットの一つだといえます。 家づくりで何を一番優先するべきか。そこを見誤ってしまうと後に大変なことになってしまいます。 家づくりの相談は常時受け付けていますので、お気軽にお電話、または光の森のモデルハウスまでご来場ください。